2012年11月 3日 (土)

論点思考、電子書籍になる

先週、アマゾンの電子書籍書店「キンドルストア」がようやく日本でもオープンしました。電子書籍端末Kindleの販売はまだですが、ストアはオープンして書籍が販売されています。

私もKindleの発売を楽しみにしている一人ですが、ストアでどんな本が売られているのかと覗いてみてびっくり。私の本が2冊も売られていました。

Kindlestore

東洋経済新報社から発売されている「論点思考」とPHP新書の「プロの知的生産術」です。そういえば版元(出版社)にOKを言ったような言わなかったような…。
ちなみに東洋経済の方は、紙の本のほぼ7駆けで、PHPの方は8
掛けと、価格戦略にも違いが出ています。
このあたりは今後どのように推移していくか、見物です。

キンドル端末はまだ発売されていませんが、キンドルの優れているとことは端末を問わないことです。ほとんどのタブレットやスマートフォンで簡単に読むことが出来ます。

とりあえず、手元にあるグーグルのタブレット「NEXUS」にダウンロードしてみました。7インチサイズで、本を読むにはぴったりの大きさで、重さもiPadの半分くらいです。

Kindle010_2

NEXUSをiPadや本家Kindleと比較してみると下記の写真のようになります。

Kindle011  
やはりiPadに比べるとかなり小さいです。10inとの画面と7インチの画面の違いです。ただ、いくら軽くかなったと言え、電車の中で1時間近くこれを持って読むのはつらいかな…?

Kindle012

一方で、NEXUSとKindleを比べるとほぼ同じ大きさです。ただ、重さはかなり違います。Kindleハードカバーの単行本より軽いので、持っていて全く苦になりません。また液晶ではなく、電子ペーパーなので、目の疲れも少ないです。ほとんど紙と一緒かも知れません。ただし、残念ながら白黒です。まあ、単行本もほとんどが白黒なので問題ないと言えばないですが…。漫画や雑誌がつらいかな。

Kindleの発売が12月なので、今白黒の軽い奴にするか、カラーの方にするか思案中です。

ちなみに昨日iPad miniが発売になりましたが、WiFi版のみなので、Wireless対応の発売を待っています。既に持っている初代iPadから機種変更する予定です。NEXUSとの比較をレポートしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

経営書特集on東洋経済

今週発売の週刊東洋経済の特集の一つに経営者と目利きが選ぶ政治・経済・経営書というのがありますが、その中でユニ・チャームの高原豪久社長が私の「論点思考」をベスト3冊の一位に推してくれています。

Toyokeizaihyoshi_2

大変ありがたい話です。高原さん、どうもありがとうございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

論点思考が一位に

東洋経済新報社から定期的に送られてくるメルマガに書籍の年間ランキングが掲載されていたが、うれしいことに私の「論点思考」が一位だった。

【2】 2010年 東洋経済新報社刊行書籍・雑誌 売上ランキング

-----------------------------------------------------------------

○2010年 東洋経済新報社刊行 書籍売上ランキング ベスト5
(※集計期間は2010年1月~2010年11月30日)  

☆第1位 『論点思考』
--BCG流 問題設定の技術--
著/内田和成(早稲田大学ビジネススクール教授)
定価1,680円(税込) ISBN 9784492556559

⇒ http://www.toyokeizai.net/ad/ml/etc/amazon/20100210_2.html

☆第2位 『ストーリーとしての競争戦略』
--優れた戦略の条件--
著/楠木 建(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)
定価2,940円(税込) ISBN 9784492532706

⇒ http://www.toyokeizai.net/ad/ml/etc/amazon/20100513_1.html   

☆第3位『サッカーの見方は1日で変えられる』
著/木崎伸也(スポーツジャーナリスト)
定価1,575円(税込) ISBN 9784492043752

⇒ http://www.toyokeizai.net/ad/ml/etc/amazon/20100513_2.html

☆第4位『会計HACKS!』
--楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣--
著/小山龍介(ブルームコンセプト代表取締役)・山田真哉(公認会計士)
定価1,575円(税込) ISBN 9784492043691

⇒ http://www.toyokeizai.net/ad/ml/etc/amazon/20100422_1.html

☆第5位『プラットフォーム戦略』
--21世紀の競争を支配する「場をつくる」技術--
著/平野敦志カール(株式会社ネットストラテジー代表取締役社長)
/アンドレイ・ハギウ(株式会社ネットストラテジー共同代表パートナー)
定価1,680円(税込) ISBN 9784492532744

楠木先生の「ストーリーとしての競争戦略」も2位に入っている。良書だ。
4位に入っている本の著者山田さんも、5位の平野さんもよく知っているので、ベスト5は知り合いばかりだ。

浜松町にある文教堂書店談では、私の異業種競争戦略(日本経済新聞出版社)が今年のビジネス書ベスト3に入っていたという話も聞きました。
これもブログの読者始め皆様の支援のたまものと感謝しております。改めてお礼申し上げます。

来年も是非ベストテンに入る本を出すよう頑張ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

韓国語版

私の著書「異業種競争戦略」と「論点思考」が同時に韓国語版として発売になりました。特に論点思考は今年出した本ですから、その早さにびっくりです。

Korean

どちらが異業種競争戦略でどちらが論点思考か分かりますか?
私はハングルが全く読めないので、最初は全く分かりませんでした。開いてみると図表があるので、答えが分かりました。

左が「論点思考」で右が「異業種競争戦略」です。どちらも売れて欲しいですが、果たして韓国の方にはどちらが受けるのでしょうか?
何となく異業種の方な気がしますが、こればかりは実際の売れ行きを見ないと分かりません。といっても海外の出版社が売れ行きを教えてくれることはまれなので、結局分からないのかも知れません。

ちなみに韓国語になったのは仮説思考に次いで2冊目と3冊目です。
いずれにしても私が書いた本が次々といろいろな国の言葉に訳されて、海外の人にも呼んでもらえるということはうれしい限りです。著者冥利に尽きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

いま身につけるべきスキル「論点設定」

今月発行のダイヤモンド社のPR誌に巻頭言を寄せた

201004kei001

内容は論点思考に書いたことの抜粋でもあるが、リーダーにとって必要な問題設定力の重要性を、「いま身につけるべきスキル『論点設定』」というタイトルで以下の内容である。

企業でも政治でも、課題解決というのは非常に重要な仕事である。この重要性は、誰もが認識している。したがって、問題解決の方法論というのは巷に数多く存在し、書籍も次々と発行されているし、ビジネススクールの講義科目もたくさん存在する。

一方で、どの問題を解くべきか、ということには、あまり関心が払われていない。より正確に言えば、「どうやって解くべき問題を決定するか」ということがおろそかになっていることが多い。学校なら先生が、企業でも上司が部下に課題を与えるため、自分で考える必要がない。つまり、問題を自分で設定しろという教育はそもそも受けていないのだ。

ところが、その上司の立場に立つと状況は一変する。誰も問題を出してくれないので、彼らは自分で考えなくてはならないのである。上に上がれば上がるほど、問題を教えてくれる人がいなくなる。経営者であれ政治家であれ、解くべき問題は自分で決めることになる。そこに一つの難しさがある。

問題解決を専門としているコンサルティング会社では、解決すべき問題のことを「論点」と呼ぶ。ところが、この論点を設定することが、実はもっとも難しい。論点さえ正しく設定すれば、問題解決は8割方終わったと言っても過言ではない。

では、なぜ論点設定が難しいのであろうか。それには様々な理由がある。たとえば経営者自身が、何が論点か分かっていないこともあれば、人によって論点が異なっているために誰の論点を解くべきかがはっきりしないこともある。複数の論点があって、相互に矛盾しているために、すべての論点を同時に解くことができないことも多い。

普天間基地問題などはよい例である。解くべきは地元の問題なのか、沖縄全体の問題なのか、日本の問題なのか。それも生活の問題を解くのか、安全保障の問題を解くのか、はたまたアメリカが抱える問題を解決するのか。つまり、論点が異なれば解決策も異なってくる。すべての論点を同時に解決できる万能の解決策など存在しない。

リーダーに求められる大事な資質として、意思決定できることと実行力が挙げられることが多いが、そもそも「どんな問題を解くのか」に難しさが潜んでいるのである。多くの経営者が凡庸のそしりを免れないのは、意思決定力や実行力がないというより、間違った論点に取り組んでいることが少なからずある、ということを認識すべきである。したがって、リーダーの大事な仕事は、どんな論点があるのかを整理したうえで、自分が取り組むべき論点を決定することとなる。

現物は書店などで無料配付しているようなので、是非手に取ってみてください。明日は、今月の表紙にもなっているコトバの戦略的志向について書こうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

論点思考セミナー

論点思考の発売を記念して六本木ヒルズにあるアカデミーヒルズで講演が行われます。
4月26日(月)です。時間は19:00-21:00です。

詳細については下記のアカデミーヒルズのホームページをご覧ください。
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000bgbs1.html

参加者に6週間分の週刊東洋経済がついてくるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

朝活

本日の日経新聞35ページの日本geneU-29のページ(20代の男女の生活を描いたページ)でビジネスパーソンが最近朝の勉強会をやったり、ジムで身体を鍛えたりするのがはやっているという記事があった。

その冒頭に休日の朝と内のカフェで読者会をする26歳のビジネスパーソンが参加する読書会、リーディングラボが紹介されていた。
そして、その記事は「この本の著者は元ボストンコンサルティング日本代表で…」で始まっている。ありがたいことだが、せっかくなら本の題名まで紹介してくれればいいのにと思った。

朝の活動と言えば、元BCGで現在は図解のコンサルタントとして活躍する池田千恵さんは『「朝4時起き」ですべてがうまく回り出す!』という本を出版し、ベストセラーになっている。

Asa4ji

私は完全な夜型人間なので早起きは苦手だが、早起きが苦にならない人あるいは時間の使い方がうまくなりたいと思っている人には大いに参考になる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

TOP POINT

トップポイントという、忙しい経営者やビジネスパーソン向けに、毎月数冊のビジネス書取り上げ、その概要を紹介する雑誌(有料)があります。

Toppoint4

その4月号で私の論点思考を取り上げていただきました。
こちらからお願いしたわけではないのですが、編集者の方がトップが読むべき本として取り上げてくれたのです。最近、雑誌の特集は新聞の書評などで取り上げてくれることが大変多くなりうれしいです。

余談ですが、昨日の日経新聞に論点思考の広告がかなり大きく載りました。出版社の東洋経済さんも一所懸命やってくれています。ありがたいことです。

Kokoku20100323

広告にも載っていますが、4年前に出版した仮説思考も売れています。最近2回増刷して、14版になりました。論点思考と一緒に買ってくれる人も多いし、まずは仮説思考からとそちらを買ってくれる人も多いです。もう少しで10万部になるので、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

ヒットの芽

私の生徒だった「さあだ」さんから、教えてもらいました。
一昨日の日経トレンディネットのヒットの芽というコーナーでで私の「論点思考」が取り上げられました。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20100315/1031241/

お陰様で、日経産業新聞、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済などでも大変好意的に取り上げてもらっており、大変ありがたいです。
近いうちにBSですが、テレビでも取り上げてくれるようです。

お陰様で引き続きよく売れています。狙い通りにロングセラーの定番商品になってくれればと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

論点思考記事になる

今日発売の週刊東洋経済(2010年3月13日号)に、私の書いた「論点思考」が見開き2ページで紹介されている。

Tokeikijimini_2雰囲気をつかんでもらうためのイメージで、読めるようにはなっていませんので、あしからず…。

この記事には論点思考のエッセンスが書かれていますので、読まなかった人にもエッセンスだけは伝わると思います。もし、記事を読んでおもしろいと思ったら、本の方を読んでもらうとありがたいです。

何度も言ってくどいようですが、今まで書いた本の中で、経営者や経営幹部からの評判が一番良かった本です。彼らが経験の中で、知らず知らず、あるいはうまく説明できないままやってきたことが、わかりやすくまとまっているという評価をたくさんの方からもらいました。おかげでよく売れています。とてもありがたい話です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)