« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

内田ゼミ生の書いた本がアマゾン一位に!!!

早稲田大学ビジネススクール(WBS)の内田ゼミ卒業生の書いた本が、本日アマゾンの書籍ランキングでMBA部門1位になりました。

Monogatari

岩井琢磨さんと牧口松二さんが書いた「物語戦略」です。
WBSきっての人気学者入山章栄先生の本より上位です。

岩井さん、牧口さん おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

ジャパネットたかたの高田明氏の講演会の案内

GW明けの5月13日(金)に第7回の早稲田会議記念講演会を実施します。

今年のゲストスピーカーは、ジャパネットたかたのMCとして名を馳せた前社長の高田明氏です。
一昨日4月15日(金)の日経新聞に告知を出しました。Wasedakaigi2016

先日もお会いして打ち合わせをしたのですが、軽妙洒脱なトークとは裏腹に、とてもしっかりした経営哲学をお持ちの尊敬できる経営者です。
面白くためになる話が聞けると思いますので、ぜひ来てください。
対談でどこまで彼の本質に迫れるかは私の腕次第ですが、それは来てのお楽しみです。

入場無料ですが、申し込みが必要です。
申し込み先は以下の通り
http://www.quonb.jp/waseda_meeting/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

日立川村さんとの対談

先日日立製作所の前社長・会長で現在相談役を務める川村隆さんと対談をさせて頂きました。

その記事が今日発売の日経ビジネス2016年4月11日号に5ページにわたって掲載されました。
P1000732
これからの日本企業や個人が自ら変革していくためにはどうしたら良いかという話であり、日本企業や個人に対するエールでもあります。

川村さんとはこれまでも何回か対談をしたり、話を伺っていますが、毎回学ぶところの多い素晴らしい経営者です。

たとえば、定年が延びた分5年間を有効に使う方法として、定年間近をどう使うかではなく、若いときにその5年分を今やっている仕事と違うことに使えという話は目から鱗でした。

ウイスキーが熟成して行くにつれて、樽の中のウイスキーが目減りしていくのを『天使の分け前』と呼ぶそうですが、まさにこの5年間こそ天使の分け前だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

変なホテル

仕事で佐世保まで来たついでに、かねて興味のあったハウステンボスの『変なホテル』に泊まってみることにしました。
ロボットが接客・サービスするというホテルです。
とにかくあらゆる面で省力化か図られています。

まず受付のフロントに人の代わりにロボットが立っています。
Hennna001
Hennna002
チェックインもロボット相手なため、無人です。

部屋への荷物運びもポーターロボット(無人の台車)が案内してくれます。
Hennna003
Hennna004
アメニティも自動販売機で購入(ちょっとやり過ぎな気もしますが・・・)

部屋も贅沢ではないが、必要最小限のものは揃った機能的な部屋でした。
Hennna00
因みにベッドサイドにいるのはチューリー君というロボットですが、こちらはとても実用化にほど遠い出来でした。要改善。

せっかく来たので、夜はハウステンボスを覗いてみました。
とにかくイルミネーションがきれいでした。

泊まった翌朝、ハウステンボスのオフィスで、HIS会長で現在ハウステンボスの社長も引き受けている澤田秀雄さんにも会ってきました。
知ってる方も多いと思いますが、経営破綻したハウステンボスの経営を引き受けて見事再建しました。

_0002
澤田さんとは十数年来の古いつきあいです。

現在は単なる再建では飽き足らず、このハウステンボスを実験の舞台として、様々な試みにチャレンジ中とのこと。
今後の世界の課題である、人不足への対応策としてのロボットの実用化実験。それが、私が泊まったロボットホテルにつながっている。
さらに食糧不足への挑戦が、植物工場。変なホテルのレストランで提供されている野菜はここで作られた新鮮な野菜だそうです。

澤田さんのチャレンジ精神にはいつも感心します。
頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

ジャパネットたかた高田明氏

昨日は佐世保にあるジャパネットたかたの本社で前社長の高田明さんにお会いしました。
5月にある早稲田会議での記念講演会での講演をお願いするためです。
Takata004
 
以前にも一度お会いしたことはあるのですが、じっくり話したのは今回が初めてです。
経営に関すること、人生に関すること、色々興味深い話を聞けました。
ここであまり披露してまうと当日の楽しみが減ってしまうので、少しだけ紹介。
人間は、現状に色々不満を言ったり、将来のことばかり考えがちだが、大事なことは目の前の課題を一つ一つ乗り越えていくこと。
テレビショッピングのスタジオでしゃべる時には、その時の状況をインプットしてしゃべる内容や喋り方を変える。例えば、天気、誰と一緒か、世の中がどうなっているか?
なるほどと感心。
Takata001
本社の看板の前で記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

ゼミ生の書いた本「物語戦略」

早稲田大学ビジネススクール内田ゼミの卒業生が二人で本を書きました。
2期生の岩井琢磨さんと3期生の牧口松二さんの書いた『物語戦略』です。
日経BP社から4月8日に発売になります。
私も序文を書いています。

物語戦略

とても面白く、読みやすい本です。
一言で言えば、成功している戦略には時として、人に語りたくなるようなエピソードが存在し、それが企業の戦略やドメインとうまく結びついていることがあります。
その背景や成功の理由、あるいはどうしたら人に語り伝えられる物語が作れるのか、そんな話が満載の面白くてためになる本です。

皆さんにお勧めします。

アマゾンのサイトは以下の通りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »