« 学部卒業式 | トップページ | ゼミ生の書いた本「物語戦略」 »

2016年3月31日 (木)

日経ビジネス書評

今週月曜日発売の日経ビジネス3月28日号に書評を書きました。

最近はやりの地政学は、ビジネスマンが大局観を養うという視点で見ることが大切というメッセージです。

20160328

取り上げた書籍は
1)塩野七生 『ギリシア人の物語Ⅰ』
2)宮田律 『石油・武器・麻薬 -中東紛争の正体』
3)
マシュー・バロウズ 『シフト 2035年 米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』
の3冊です。
読みやすさでは『ギリシア人の物語』が一番お勧め、仕事に役立ちそうでは『シフト』が、イスラム教を理解するためには『石油・武器・麻薬』がお勧め。

|

« 学部卒業式 | トップページ | ゼミ生の書いた本「物語戦略」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/63422439

この記事へのトラックバック一覧です: 日経ビジネス書評:

« 学部卒業式 | トップページ | ゼミ生の書いた本「物語戦略」 »