« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月

2013年12月16日 (月)

全日本製造業コマ大戦

昨日嘉悦大学の創立110周年の記念イベントがあり、講演してきました。そこで私の後に講演したミナロ社長の緑川賢司さんという人が面白いイベントをやっていることを紹介してくれました。

元々木型の町工場に勤めていたが、そこが倒産したために自ら起業し、最初3社だった顧客が今では3000社だそうです。その話も面白かったのですが、一番印象に残ったのは日本の製造業復活のためにやっている活動「全日本製造業コマ大戦」です。
中小企業復権のためのイベントとしてこの活動をやっているのですが、私が語るより、このサイトを見てもらうとおもしろさが分かります。


第2回コマ大戦で優勝した岐阜県の中小企業有限会社シオンのコマ大戦日記(?)です。

第2回全日本製造業コマ大戦

これは下手な小説より面白いです。

ちなみに緑川さんの本業の方は、こちらのサイトをどうぞ。これも遊び心満載です。
http://minaro.cocolog-nifty.com/
http://www.minaro.com/model.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

今日の大隈塾は品川女子学院の漆紫穂子校長がゲスト

今日の大隈塾リーダーシップ論のゲストスピーカーは、恒例となっている品川女子学院の漆紫穂子校長。偏差値すらつかないどん底の女子校を人気校に改革した経営者です。

Urushi004

いつもながら受講生を引き込む話のテクニックはさすがです。
例えば人を動かそうと思ったら、弱みを見せることが大切と語る。そうだよな、何でも自分でできる人を助けようと思う人は少ない。一方で、ダメな人が一所懸命がんばっていると、手伝ってあげようと思う。それなら、自分の弱みをさらけ出した方がいいと説く。

あるいは何度聞いても、その通りだなと思うのは、「人は変えられない、管理できない」とい考え方である。一方で、誰にでも喜んで一所懸命やることはある。そうだとすれば、その人のやる気のスイッチの入り方を理解して、それを心がけるのが大事であると語る。
さらに失敗を評価することを強調する。というのも、失敗はチャレンジの結果であり、失敗しない人はチャレンジしてない人だと言う。そのため、チャレンジして失敗しても、そこから学べる仕組みあるいは得たものを評価していくことが大事と語る。

彼女は、子供を育てるテーマでたくさんの本を書いており、先月でたばかりの本が「伸びる子の育て方」。読んでみたら、これは子供だけでなく、大人にも当てはまる話満載でした。
一番気に入ったのは、仕事は曖昧なものは具体的に、大きな話は小さくブレークダウンするというくだりで、何でも任せてしまいがちな私には耳の痛い話でした。

ちなみに新刊の出版を記念して、来週末14日に丸の内丸善で講演会を開催するそうです。

Urushi__1
詳細は「urushilecture.pdf」をダウンロード



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »