« 夜桜 | トップページ | 生物模倣 »

2012年4月19日 (木)

早稲田会議講演会

日本を代表する企業のCEOに集まって、日本の将来や企業のあり方について議論してもらう早稲田会議が今年も5月16日・17日の2日間にわたって早稲田大学で開催されます。
内容については終了後、日経新聞紙上で後日公開予定ですが、早稲田会議を記念した講演会が5月16日(水)午前中に開催されます。


建機メーカーのコマツの会長で、コマツ復活の立役者として知られる坂根正弘氏に登場いただきます。氏は、ダントツ 経営を標榜していますが、弱みを補う程度ではグローバル競争に勝てない、強みを徹底的に伸ばすことが重要だと言っています。大変、面白い講演会になると楽 しみにしています
尚、講演終了後、私との対談も予定されています。

第三回早稲田会議 主催:早稲田大学 共催:早稲田大学ビジネススクール 後援:日本経済新聞社 2012/5/16 記念講演会

早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール

入場無料・要予約

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

  • 「ダントツ経営」-日本企業がグローバル競争で勝負するためには、戦略とリーダーシップを語る- コマツ 取締役会長 坂根 正弘
  • 《略歴》
    コマツ(株式会社小松製作所)取締役会長、日本経済団体連合会副会長。
    1941年生まれ。島根県出身。63年大阪市立大学工学部卒業後、コマツに入社し、89年、取締役。90年小松ドレッサーカンパニー(現コマツアメリカ) 社長、94年常務取締役、97年専務取締役、99年代表取締役副社長、2001年代表取締役社長就任。就任直後、創業以来初の赤字に直面するが、構造改革 を断行し、翌期にはV字回復を達成。中国や東南アジア、アフリカなど新興国にグローバル展開を進める。2007年代表取締役会長、2010年より現職。 2008年デミング賞本賞を受賞。著書に『言葉力が人を動かす』(東洋経済新報社、2012年)

詳細や申し込みは下記のサイトをご覧ください。
http://www.quonb.jp/waseda_meeting/

ダントツ経営については、著書をお読みになるか下記のサイトのインタビュー記事をご覧ください。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110414/266976/?ST=business&P=1
 
コマツは、コムトラックスと呼ばれる、建機の稼働状況を無線で知らせるしくみを導入して、経営の効率を高めたことでも知られています。
こちらについては下記のプレスリリースをご覧ください。
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/press/2009100115553404076.html

|

« 夜桜 | トップページ | 生物模倣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/54506146

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田会議講演会:

« 夜桜 | トップページ | 生物模倣 »