« 桜満開 | トップページ | 夜桜 »

2012年4月10日 (火)

舟を編む

少し前に読んで感想をブログにアップしようと思っていた本が、三浦しをん著「舟を編む」だが、本日2012年度の本屋大賞に決まったというニュースを聞いて、慌てて紹介することに

Funewoamu

この本のすぐれている点は、辞書を編纂するというきわめてマニアックな世界を描きながら、辞書に人生をかけている人々の人間性に溢れる日常を結構ドラマチックに描いているところにある。

日頃あまり問題意識なく使っている辞書が実は非常に論理的でかつ地道な作業の積み重ねで作られていると言うことが分かっただけでも勉強になる小説だ。

加えて、ほんわかとした愛情物語も含まれており、結構楽しめる本に仕上がっている。読後感は、夏川草介「神様のカルテ」に大変似ている。

本屋大賞は知っている人も多いと思いますが、全国の書店員が顧客に読んで欲しい本を選ぶという賞で、過去にはテレビドラマになったものや映画化されたものも多い。
ちなみに昨年度の大賞は東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』(小学館)、これもテレビドラマ化された。
         
テレビは見ていないが、もちろん本は読んでおり、ごく気楽に読めるエンタテイメント小説だ。
書店員が選ぶだけあって、他の文芸賞とは違って、読みやすいものが多いのが特徴だ。

今年の賞の詳細下記のURLをどうぞ。
http://www.hontai.or.jp/news/index.html

http://www.hontai.or.jp/about/index.html

|

« 桜満開 | トップページ | 夜桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/54442480

この記事へのトラックバック一覧です: 舟を編む:

« 桜満開 | トップページ | 夜桜 »