« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

OECD東北スクール

今週は福島県いわき市で開催されたOECD東北スクールを手伝いに行ってきました。
これはOECDが中心になって、被災地東北の復興支援を中高生を対象とした教育プログラムを通じて行うという試みです。実行力抜群の田熊さん(在パリ)が、いろいろな人や組織を巻き込んでやっているユニークなプログラムです。
http://resemom.jp/article/2012/03/15/6834.html
http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/education/20120326_iwaki_program.pdf

今回は2014年にパリでイベントを開催することで、東北の復興支援を訴えるという企画案を各チームで作るという内容でした。
初日の26日は池上彰さんが担当したそうで、私は4日目(29日)の事業計画作成の講義とプレゼンテーション資料作成のアドバイスを行いました。

Oecdtohoku002
外は寒いのに、室内は生徒達の熱気で暑くて、暑くて・・・
Oecdtohoku001
企業経営の話をお母さんに誕生日プレゼントする話に置き換えて説明しましたが、どこまで通じたか・・・

Oecdtohoku004
こんな元気なチームが10チーム以上集まってました。

今日30日は、参加者80名が13チームに分かれてのプレゼンテーションで、私もフィードバックをする役割をしました。

Oecdtohoku005
ソリダリテ(団結)というチーム名でパリでのイベントを説明するチーム
OECD本部の庭に桜の植樹というユニークなプランを発表していました。

Oecdtohoku003
大人顔負けの具体的なプランを発表しているチームもありました。

たった一日でこんなに進化(成長)するんだと驚くチームが続出で、彼ら若者の持つ無限の可能性に、感激しました。

参加者の中には、相変わらず避難所での生活を続け学生や家族が犠牲になった人もいたそうですが、そんなことを感じさせない力強いパワーに溢れた子供たちばかりで、私も勇気と希望をたくさんもらって東京へ帰りました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

SMOKING KILLS

休みを利用してニュージーランドに行ってきました。
Millbrookというリゾートに滞在して、素晴らしい時間を過ごしましたが、そのことは後日書くとして、帰りに立ち寄ったWellingtonの空港で見た免税店のたばこ売り場にちょっとびっくり。

Smokingkills

たばこは確かに健康に悪いのだろうけれど、ここまで書くか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

イントロダクション合宿

先週末に葉山の湘南国際村で、この4月から早稲田大学ビジネススクール夜間プロフェッショナルコースに入学する学生のオリエンテーション合宿が行われました。

今年は夜間のコースに入学する学生が100数十名と大きく増えたために、オリエンテーションの合宿も3月10日・11日と3月24日・25日の二つに分かれることになりました。対応する先生方も大変ですが、それをマネジメントする事務所も大変です。一回目が夜間のプロフェッショナルコースに入学する学生達で約60名の学生が参加しました。二回目の方が新設される総合コースの学生です。

私はどちらのゼミも持つのですが、今年は1回目のプロフェッショナルの回で、競争戦略に関するイントロダクションの講義を行いました。例年は「ジャパネットたかた」のケースをやるのですが、今年は「自転車販売店のあさひ」のケースを行いました。既に昨年8月のMBAエッセンシャルズセミナーの一回目にジャパネットたかたのケースをやってしまったためです

2012intro001
私の説明を熱心に聞く学生達

2012intro002
みんなから出てきた数多くの意見をホワイトボードに書き記しながら、あさひ成功の要因を分析する

このケースは講義ではよく使うのですが、合宿で使ったのは初めてで、どうなるか多少心配しました。しかし、実際には、参加者からは取り上げきれないほどの意見が多数発表され、今年の学生も本番での活躍が期待できると安心しました。
イントロダクションとしてはうまくいったのではないかと自負しております。

もちろん、私以外にも多数の先生が参加され、夜間のコースの責任者の守口先生、グローバルビジネスの太田先生、人材モジュールの杉浦先生、さらにビジネススクールの責任者の根来先生が参加されていました。

2012intro003_2
太田先生のインドの話に聞き入る学生達

2012intro004
杉浦先生が、キャリアとは何かを、学生に問いかけるセッション。横で聞いている私にも学びがありました。

また、初日の夜には懇親会が行われ、学生同士が盛んに交流していました。
これもネットワーキングに大きな価値がある、ビジネススクールならではの光景です。

2012intro005

さあ、新入生の皆さん、これからが本番です。是非、実りの多い2年間を送ってください。
応援します!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

ジェレミー・リン選手

昨日で震災から一年が過ぎました。もちろん被災地では復興が道半ばですし、福島では未だに原発の問題の解決めどが立っていません。
私も早稲田の内田ゼミを通じたwsjp活動や、個人的に頼まれたヤマト福祉財団による復興支援寄付の選定のお手伝い、OECDによる東北スクールの支援など出来る範囲でやっています。でも、なかなか微力で、どこまで役に立っているか実感しづらいというのが正直なところです。出も1人1人が出来ることをやっていくのが被災地の復興支援になればと思っています。

さて、今日はちょっと明るいニュースです。先週金曜日3月9日の日経朝刊一面春秋欄に米プロバスケットボールリーグ(NBA)に新星が現れたという記事が載っていました。アメリカ在住の台湾人でジェレミー・リンです。ハーバード大学を卒業後NBAに加入したものの、なかなか芽が出ず3チーム目のニューヨークニックスでも解雇されるかも知れないという状況だったのが、突如ブレークし大活躍したという話です。

これだけなら、ただの海の向こうのニュースなのですが、実は私の仲良しのいとこの娘さんが、彼のいとこと結婚しているのです。最近、こうした選手がいるので応援してくれと聞いていたのですが、ここまでのスターになっているとは思わなかったのでびっくりです。もちろん、私は会ったことも試合を見たこともありませんが、今後も引き続き活躍してさらに成功してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ちょっとしたサービス

先日、コーヒーショップのプロントを訪れたら、カウンター席に変わった白い装置が置いてあった。

Pronto

ほぼ2席に1台の割りで置いてあり、何かと思ったら、ドコモの携帯を置くだけで充電できる装置だった。出先で携帯の電池が心配なとき、わざわざ充電器を持ち歩いてコンセントに差すのも面倒くさいし、差しっぱなしで忘れてしまうリスクもある。
そんなときに、目の前においておくだけで充電できるこのサービスは便利で良い。全ての機種で使えるわけではないが、今後はやりそうな予感がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »