« まとめる技術は書く技術から | トップページ | たかが付録とあなどるなかれ »

2011年2月 3日 (木)

東アジア企業構想

ダイヤモンド社のウェブ版、ダイヤモンドオンラインに新しく連載を始めました。
日本を元気にする新・経営学教室というタイトルで、KBSの高木先生をはじめとする4名の先生方との輪番だ。今回は第2クール目らしいが、私がトップバッターを務めさせてもらった。

Diamondonline

会員登録をしないと全文を読むことができないようであるが、会員登録は無料ですので興味のある方は是非読んでみてください。ダイヤモンド社では日経BPオンラインに並ぶ読者数であると言ってました。

さて、何を書いたかと言えば、下記の要約にあるとおりですが、是非中身を読んでもらってコメントいただけるとうれしいです。

最近のアジアの若人を見ていると、驚くほど嗜好が均質だ。彼らが製品・サービスを選ぶ基準として国籍は二の次。この変化を踏まえ、日本企業も日本の冠に対するこだわりを捨て、真の意味で東アジア企業へ脱皮することが望まれる。

|

« まとめる技術は書く技術から | トップページ | たかが付録とあなどるなかれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/50760878

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア企業構想:

« まとめる技術は書く技術から | トップページ | たかが付録とあなどるなかれ »