« 新製品開発 | トップページ | クックパッド »

2010年6月10日 (木)

iPadスタンド

今現在我が家には2台にiPadがある。#iPad 一台は米国で購入したWiFi版であり、もう一つは日本で購入した3Gである。

今のところに外に持ち歩いて、人に見せたりすることが多いので3G版を持ち歩いているが、家で使う分にはWiFi版で十分である。ただし、けちって16GBの容量なので、早くもメモリーがいっぱいになってしまっており、64GBにしておけば良かったと後悔している。
たとえばHDの映画を一本ダウンロードするだけで3GBも食うのである。そうなると映画だけなら5本しか入らないと言うことになる。
3Gの方は64GBにした。

Ipadstand002_2
さて、今日はスタンドの紹介である。発売と同時に購入したのが写真左手のiPad が載っている純正のスタンド。
まず普通に縦置きにおいた比較。これは丈が低くて済む純正の勝ち。ただし、受け止める台が少し小さく、倒れてしまわないか 心配になる。しかしコネクタが着いているので残念ながら縦置きにしか使えない。写真を映すフォトフレームとしては使いにくい。

一方で右側は最近購入したGRIFFINのiPadスタンド。金属製で重く、しっかりしている。折りたたみ式だが持ち運びにはまったく向かない。しかし、これの使い勝手がよい。スタンドを立てて使っても、寝かせて使っても良いのだ。裸の姿は下の写真。つや消しが重厚感を出している。

Ipadstand006

しかし大きさは大きく、純正と比べると一目瞭然。
Ipadstand001


Ipadstand003_2
縦置きにおいたものを横から満た図

ところが、横置きにするとガラッと印象が変わる。GRIFFINの横置きは決まるのである。家のリビングにおいて、普段はフォトフレームとして横置きで使い、アプリケーションをさわったり、ネット接続するときは台から外して手で操作。これはGRIFFINで決まりかな。

Ipadstand004

一方で、GRIFFINは折りたたむと、若干の傾斜をつけてiPadを置くことが出来る。縦置き、横置きどちらもOKだが、写真は横置きして手前にアップル純正のワイヤレスキーボードをおいたもの。これによってほとんどノートブックパソコンと同じ環境が実現できる。ただ、iPad、GRIFFIN、キーボードを3つも持って出かけることはあり得ないくらい重く、かさばるので、一応ノートブックPCのようにも使えますという程度の使い勝手。

Ipadstand005

ちなみに写真のアップル純正ワイヤレスキーボードは本来iMac用に買ってあったものであるが、iPad用に作ったのではないかと言うくらい、サイズ・デザインとも決まるのはさすがアップル。

|

« 新製品開発 | トップページ | クックパッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/48587834

この記事へのトラックバック一覧です: iPadスタンド:

« 新製品開発 | トップページ | クックパッド »