« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

異業種格闘技on日経ビジネス特別編集版

今週の日経ビジネスに同梱されて一部の読者に届けられた日経ビジネス特別編集版というのがある。
そちらで私の異業種競争戦略を取り上げてもらっている。総ページが8ページにも及ぶ取り上げ方である。Nb20100329001 Nb20100329002 Nb20100329003
非売品なようで、どこで手に入れられるのかは分からないが、こうした私のコンセプトを大々的に取り扱ってくれるのはとてもありがたい。

「論点思考」が思考法やものの考え方なのに対して、こちらの「異業種競争戦略」は自分の専門分野である戦略に関するものなので、私としてはより力が入っている本であり、コンセプトである。

この特集では事例を最小限に抑えることで、私が本で言いたかったことを非常にコンパクトにまとめてくれている。
この特集と昨年末の日経経済教室があれば、あなたも異業種競争戦略を語る語り部になれるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

卒業生の贈り物

25日巣立っていたMBA卒業生12名が素敵な贈り物を残していってくれた。
長らく更新していなかった早稲田大学ビジネススクール内田研究室のホームページを格好良く作り直してくれたのだ。
米野さんを始めとする12名の2期生どうもありがとう
新しいホームページは下記の通りです。

http://www.waseda.jp/sem-uchida/

後は研究室と学部のホームページを充実させなくては・・・。
その前に、プライベートのホームページも・・・。
やることが多すぎる。誰か助けて!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

論点思考セミナー

論点思考の発売を記念して六本木ヒルズにあるアカデミーヒルズで講演が行われます。
4月26日(月)です。時間は19:00-21:00です。

詳細については下記のアカデミーヒルズのホームページをご覧ください。
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000bgbs1.html

参加者に6週間分の週刊東洋経済がついてくるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

付録その後

今日本屋に立ち寄ったら、女性誌が山積みされていた。

そのほとんどが付録付き。以前紹介した女性誌の付録は相変わらず、続いているようだ。雑誌社の体力はいつまで続くのか、ブランド側もどこまでやり続けるのか、そして読者はどこまでついて行くのか。

Furoku

子供の頃に毎号楽しみだった少年誌の付録を思い出す。
組み立て式の顕微鏡や、紙の模型(要するにプラモデルのプラスチックの代わりに紙を使っているおもちゃで、自動車や家などがあった)。幻灯機なんて言うのもあったな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

朝活

本日の日経新聞35ページの日本geneU-29のページ(20代の男女の生活を描いたページ)でビジネスパーソンが最近朝の勉強会をやったり、ジムで身体を鍛えたりするのがはやっているという記事があった。

その冒頭に休日の朝と内のカフェで読者会をする26歳のビジネスパーソンが参加する読書会、リーディングラボが紹介されていた。
そして、その記事は「この本の著者は元ボストンコンサルティング日本代表で…」で始まっている。ありがたいことだが、せっかくなら本の題名まで紹介してくれればいいのにと思った。

朝の活動と言えば、元BCGで現在は図解のコンサルタントとして活躍する池田千恵さんは『「朝4時起き」ですべてがうまく回り出す!』という本を出版し、ベストセラーになっている。

Asa4ji

私は完全な夜型人間なので早起きは苦手だが、早起きが苦にならない人あるいは時間の使い方がうまくなりたいと思っている人には大いに参考になる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は卒業式

昨日(25日)は早稲田大学の卒業式、あいにくの雨でしたが、私のゼミからはMBA生(経営学修士)が12名、学部生が19名巣立っていきました。

今日はその時のスナップ写真を紹介します。

Mba100325001大学院の終了式


その後に行われた内田ゼミ修士1年生からの送る会では、感激で泣き出す卒業生多数(詳細は省略)

Mba100325002本を贈られて満面の笑みの岩井さん(泣き笑い?)

Mba100325003  成績優秀者として表彰された増田さんも後輩から素敵な本を贈られてうれしそう。

Mba100325004泣いた後がうかがえる高崎さん(ばらしてごめん)

続いて学部生の方も紹介します。
こちらは教室での卒業証書授与
Gakubu100325001トップバッターは飯島沙織

Gakubu100325002手間をかけた河村樹一朗(突然髪を短くしてきてびっくり)

Gakubu100325003 ゼミの幹事長(代表)をやってくれた酒井俊哉君。2年間、ご苦労様でした

Gakubu100325004 女子と記念写真。

Gakubu100325005_2 一応男子生徒との記念撮影も

Gakubu100325006 2・3年生からの送る会は高田馬場のパブで、はじけている織田枝里子(商社に行くのだが大丈夫か?)

Gakubu100325007 銀行に行くのにこんな髪型で大丈夫か、芝川善行

Gakubu100325008 卒業する4年生から名前入りのシャンパンをもらってご機嫌の内田教授

Gakubu100325009 恒例となったメッセージ入りアルバムも受け取る(別に来年の催促をしているわけではありません)

と言うことで、今年もたくさんの学生が卒業していってしまって寂しいと思うと同時に、4月から新たにゼミに加わる約30名の学生を鍛えるのをとても楽しみにしています。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

講演の案内

今週土曜日に学会の講演が二つあります。

一つ目はビジネスモデル学会で

日 時  :
2010327 日(土)100016:30 (懇親会17:00-19:00
場 所  :東京大学 本郷キャンパス 工学部新2号館
       
大会テーマ:「個人資本主義のビジネスモデル-企業と個人の共生をさぐるー」

その中で
特別講演:「異業種競争戦略」を担当します。
時間は10:40-11:30です。
詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.biz-model.org/2010%E6%98%A5%E5%AD%A3%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E7%94%B3%E8%BE%BC%E5%8F%97%E4%BB%98%E4%B8%AD/

もう一つは経営戦略学会で、こちらは早稲田大学で14:00から行われる特別講演です。

  • 特別講演(14:00~15:00)
    「先行き不透明な時代の競争戦略-異業種格闘技の時代-」
    講演者:内田 和成(早稲田大学ビジネススクール)
    司会者:藤田 誠(早稲田大学)

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.senryaku.org/conferences.html

誰ですかテーマが似ていると言っているのは・・・。
私としても同一日に二つの学会で似たような話をするのは、二またをかけているようで嫌なのですが、どちらも主催している先生に恩義があり、断れなかったのです。コンサルタントの割に義理人情で生きている私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOP POINT

トップポイントという、忙しい経営者やビジネスパーソン向けに、毎月数冊のビジネス書取り上げ、その概要を紹介する雑誌(有料)があります。

Toppoint4

その4月号で私の論点思考を取り上げていただきました。
こちらからお願いしたわけではないのですが、編集者の方がトップが読むべき本として取り上げてくれたのです。最近、雑誌の特集は新聞の書評などで取り上げてくれることが大変多くなりうれしいです。

余談ですが、昨日の日経新聞に論点思考の広告がかなり大きく載りました。出版社の東洋経済さんも一所懸命やってくれています。ありがたいことです。

Kokoku20100323

広告にも載っていますが、4年前に出版した仮説思考も売れています。最近2回増刷して、14版になりました。論点思考と一緒に買ってくれる人も多いし、まずは仮説思考からとそちらを買ってくれる人も多いです。もう少しで10万部になるので、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

今日の一景

今日仕事でBSジャパン(BS11)を訪れたら、その古風なたたずまいが近代的なテレビ局と妙に合っていた。

Bs11001_2 Bs11002

元々の文化学院の建物をうまく生かしたビルになっていた。中は普通のテレビ局&スタジオだった。場所はお茶の水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iNote

このタイトルを見て、アップルから新しいデバイス誕生かと思った人は早とちりです。
実は、ポストイットでおなじみの3Mで取り扱っているオーダーメイドのポストイットです。
少し前になりますが、私もゼミ用に作ってみました。

Inote
1冊500円程度と手頃な値段で自分だけのポストイットが完成です。

私はゼミや合宿で優秀な発表を行った学生へのご褒美に使っていますが、企業のノベルティとしても使えますし、個人の名入れ文房具としてもしゃれています。

以前は、伊東屋さんで住所の入った便箋と封筒もオーダーしていたのですが、引っ越しをしたために大量の不良在庫を抱えることになり、現在は断念しています。
もちろん、自分でパソコンとプリンタで作っても良いのですが、やはり本職が作ったものは違います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月22日 (月)

今日の一景

今日の一景
実家の庭は花盛りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

ヒットの芽

私の生徒だった「さあだ」さんから、教えてもらいました。
一昨日の日経トレンディネットのヒットの芽というコーナーでで私の「論点思考」が取り上げられました。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20100315/1031241/

お陰様で、日経産業新聞、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済などでも大変好意的に取り上げてもらっており、大変ありがたいです。
近いうちにBSですが、テレビでも取り上げてくれるようです。

お陰様で引き続きよく売れています。狙い通りにロングセラーの定番商品になってくれればと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

卒業生現る

一昨年3月の卒業生の久保田修さんが、ひょっこり研究室を訪ねてきてくれた。

その彼のお土産は、築地で評判らしい?さのきやと言う店の鯛焼きならぬマグロ焼き。食べる前に写真を撮れば良かったのだが、食べ始めてしまったので、その写真を一枚。パチリ。

Kubota1
彼が何で真っ黒に日焼けしているかと言えば、ハワイのマウイ島に住んでいるからだ。別のプロのサーファーをやっているわけではない。れっきとした経営者だ。ワイレアというところで「Kai Wailea」という名前の日本食レストランを昨年11月にオープンした。

地元の雑誌にも紹介されたと言うことで、滑り出し上々のようだ。
下の写真は小売りの皿に盛りつけたお刺身。これから見ても外人相手の日本食というのが分かってもらえると思う。

Kubota2

マウイ島南部のキヘイ・ワイア地区にある「Shops at Wailea」という高級ショッピングセンターの中にあるので、マウイ島に行かれた方は是非寄ってみてください。
お店に行って久保田さんがいれば、私の名前を出すと、安くなることはないけれど(元々安いので)、歓迎してくれます。

ちなみに何で真っ黒かと言えば、やっぱりサーフィンのせいらしい。
仕事に行ったのかそれともサーフィンをやりに行ったのか、はっきりしないのも彼らしい。
健闘を祈る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

GoogleとiPhone

プロの小道具と言うほどではありませんが、iPhoneで使える"Google Mobile App"はなかなか優れものです。Googleが提供している、Gmail,カレンダー、ドキュメント、ニュース、地図、YouTubeなどがiPhoneに最適化されているのと、一つにまとまっているというソフトです。Googleなのでもちろん無料ですが、単体でも、それぞれ理由できものばかりなので、一緒にしなくてもそれなりに使えます。
Gma01 メニュー画面です

しかし、今日紹介したいのは、その中でも音声検索機能です。
一番下のボタンの左端を押すと検索画面になりますが、その時に今度は右上のマイクロホンボタンを押します。
そうなると下記のような音声入力画面になりますが、そこで日本語でしゃべってみてください。驚くくらいに正しく認識してくれます。
私も自分の名前、著書など入れてみましたが、いずれも一発で検索できました。驚異です。

Gma02

たとえば、行きたい地名を入れて検索し、そこからグーグルマップを呼び出し(最初から地図に絞って検索すること可能)、経路検索すると車用あるいは、電車用のナビとして機能します。

たとえば私の勤務する早稲田大学から六本木ヒルズへの道順を検索すると、六本木ヒルズと吹き込んだだけで、これらの候補が表示されます。
Gma03_2
それでは、映画館に行ってみよう。
Gma04_2
電車を選ぶと電車の経路が出ます。車を選べばカーナビになります。
Gma05_2
電車を降りた後、どう行けばよいかも教えてくれます。
Gma06

これらがすべて無料です。iPhoneがすごいのか、グーグルがすごいのか、あるいは両者のコラボレーションが良いのか、ユーザーにとっては大変ありがたい機能です。

iPhoneを持っている方は是非試してみてください。人前でiPhoneに話しかけるのはちょっと恥ずかしいですが、電話だと思えば普段やっていることですし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

Dropbox

少し前から、試験中のツールがDropboxである。
これは、簡単に言えばどこでも自分のファイルが同期状態にあるソフトである。
皆さんも家のPCや職場のPCにそれぞれやりかけのファイル、たとえばワードファイルやパワーポイントがおいてあって、どれが最新版か分からなくなったり、肝心の最新のファイルが別の場所のPCにあったりという経験有りませんか?

それを解消してくれるのがこのDropboxです。
最初にセットするのがちょっと面倒くさいというか、すべてのファイルを同期させるのに時間がかかるのですが、いったん導入してしまうと、あら不思議、自分がいじったファイルはそのPC上だけでなく、別のPC上のファイルまで書き換えてくれます。
もちろんインターネットにつながっていることが条件です。

このファイルはデフォルトでマイ ドキュメント フォルダに作られるので、普通のファイルとまったく同様に操作することが出来ます。
Dropboxfolder
以前紹介したGoogleドキュメントがすべてのデータをあちら側(Web上)に置くのに対して、このソフトは原則として各PCなりiPhoneにデータはある。そのため、ネットにつながっていない状態でもファイルを操作することが出来るのが特徴です。
したがって、移動先などでインターネットが使えないときでも、普通にファイルを扱う操作ができます。そして、ネットがつながる環境に戻ったときに、自動的に同期してくれるのです。

興味がある方は
http://www.dropbox.com/
にアクセスしてみてください。
動画で使い方や機能を説明してくれます。あいにく英語ですが、字幕があります(記憶が定かでない)。

ちなみに私のiPhoneでみるとこんな感じになります。
Dropbox_on_iphone実はPCのファイルがそのままiPhone上のファイルフォルダーとしてリアルに存在しているのです(ネット上ではなくiPhone上にあるという意味)。

後はPC上のファイルフォルダーと同じようにクリックしていくと、必要なファイルにたどりつけます。
ちょっと画面が小さいのが難点ですが、パワーポイントのファイルもしっかり見ることが出来ます。優れものです。
出先にPCを持って行かないときは、これで何とかしのげます。
もちろんiPadになったら日帰りの出張ならPCは不要かも・・・。

欠点としては無料版には容量制限があってわずか2GBなのです。私には少し少なすぎます。
有料版は月10ドルくらいするので、しばらくこれを使って、行けると判断したら有料版に申し込むつもりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

十八史略

ごく簡単に読めて奥が深い本に、伊藤肇さんの「十八史略に学ぶ人生の法則」がある。

Juhasshi

オリジナルはずいぶん前に出た本であるが、このたび改めて読み直してみた。
所々に気づきのある本だ。

「自分が会社にとって必要だと自分で思ったときは、実は会社がその人物を必要としていないときである。」 リーダーの引き際の難しさを言っている。(p46)

時務を知るものは俊傑にあり
ビジネスに必要なジムには、ビジネスの事務と時の務めの時務があり、大切なのは時務だ。
事務は機械的に済むが、時務はその時、その場において、その人間がその問題にいかに対処するかである。(p167)

項羽が四面楚歌となって破れて、最後に自刎するときの状況について、明時代の学者湯臨川がいった言葉、
「以て死すべくして、而して生き
以て生くべくして、
而して死す
此れを之、有情と謂う」
は奥が深い(p224)

他にも読んだ人それぞれに学べるところがあると思います。

ちなみに十八史略は陳 舜臣の「小説十八史略」もとてもおもしろいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

ドラッカーと高校野球

最近読んだ本で、おもしろいと思ったのが岩崎夏海さんという人の書いた「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本です。

Moshikoko_2

ドラッカーの経営書の定番となっている『マネジメント「基本と原則」』という本を、小説風にして易しく解説したものです。
この本を読んでドラッカーを理解したことになるかは疑問ですが、若い人に組織経営というものを分かりやすく説明した良い本だと思います。
早速学部ゼミ生の春休みの課題図書とすることにしました。

個人的には、ドラッカーの本と言うよりは、青春小説としてとてもおもしろく読めました。結構感動しました。
文筆の勝利と言うよりは企画の勝利のベストセラーでしょう 。

ちなみに著者は放送作家でAKB48のプロデュースなどにもかかわった人だそうです。本書の中の女子高生はAKBのメンバーの何人かがモデルになったとも書いてありました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

論点思考記事になる

今日発売の週刊東洋経済(2010年3月13日号)に、私の書いた「論点思考」が見開き2ページで紹介されている。

Tokeikijimini_2雰囲気をつかんでもらうためのイメージで、読めるようにはなっていませんので、あしからず…。

この記事には論点思考のエッセンスが書かれていますので、読まなかった人にもエッセンスだけは伝わると思います。もし、記事を読んでおもしろいと思ったら、本の方を読んでもらうとありがたいです。

何度も言ってくどいようですが、今まで書いた本の中で、経営者や経営幹部からの評判が一番良かった本です。彼らが経験の中で、知らず知らず、あるいはうまく説明できないままやってきたことが、わかりやすくまとまっているという評価をたくさんの方からもらいました。おかげでよく売れています。とてもありがたい話です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

アジアに生きる日本企業

今回香港に行った際に味千ラーメンが大変賑わっていたが、これは元々は熊本県にある企業と香港資本のジョイントベンチャーだそうだ。

Ajisen行列の出来ている味千ラーメン@香港空港

前に上海に行ったときにも目についたが、今や中国全土に350店舗を展開し、さらに拡大基調だという。しかし、おもしろいと思ったのは、その味千の時価総額が1000億円近くに達して、日本のワタミなどの外食チェーンを大きく上回るということだ。(先月末の日経新聞の十字路というコラムに出ていた)。やはり成長性が買われているのだろうか。

今後も日本市場という枠に留まらず、成長性のある海外市場に出て行く日本のサービス業が増えてくればいいと思っている。
と言うのも、これまで日本企業は製造業の世界では、機械、時計、造船、鉄鋼、家電、自動車など輸出や現地生産で大成功してきているが、サービスではなかなかうまくいっていないからだ。

Muji
ちなみに上海の空港では、良品計画の展開するMUJIも結構な賑わいを見せていた。
この3月に卒業する良品計画の増田さんも、海外ビジネスを積極的にやっているようで、修士論文もそれに関連したテーマだった。

また、娘から頼まれておみやげを買った「優の良品」という店もてっきり日本企業かと思ったら、これは日本のブランドをぱくった中国企業だそうだ。店の名前が優の良品なのにアルファベット表記が"Aji ichiban"とはどういうことなのかと思ったが、こちらも大変な混雑だった。

Photo  空港だけでも、搭乗ゲートの外に一つ、中に二つも店を展開しており、スーツケースを通せないほどの混雑ぶりだった。

ブランドに日本語を使うし、パッケージも日本語だらけなのに中国企業で中国製品は変だなと思ったが、日本にも日本企業&日本製品でありながら、英語しか使っていないブランドや製品がたくさんあったことを思いついて、人のことは笑えないと思った次第である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

夕学五十講

今日は公開セミナーの宣伝です。
昨年11月に日本経済新聞出版社から出版した「異業種競争戦略」もおかげさまで、5刷りを重ねるまでになりました。

そんな折、慶應義塾の関連組織である慶應学術事業会から頼まれて、新年度早々の4月12日(月)夜に慶應丸の内キャンパスで異業種競争戦略に関する講演会をやることになりました。

講演タイトルは「異業種競争戦略~事業連鎖で読み解く新しいタイプの競争-昨日の友は今日の敵-~」です。興味がある方は是非ご参加ください。

夕学五十講の詳細については下記のサイトをご覧ください。
http://www.sekigaku.net/

論点思考についても、近いうちにセミナーがある予定です。こちらも別途お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

iPodがメニュー

いつもはJALを利用して、海外へ行くのだが、今回はJALの席がいっぱいだったのと、泊まってみたいホテルがあったので、キャセイパシフィック航空を利用した。
その行きの便のビジネスクラスが何ともユニークな座席配置だった。縦に3列になっており、隣り合わせの席がない、すべて斜めになっていて、一人一人のプライバシーは完璧だ。座席スペースの効率は悪いと思われるが、顧客には好評なのではないか? さすが、数年前に世界一の航空会社に選ばれただけのことはあると思った。

Cxbusiness001 Cxbusiness002

さて、泊まっているホテルが昨年10月にオープンしたばかりのキャセイパシフィック航空系列(正確にはスワイヤグループ)の "The Upper House" というホテルで、香港島サイドのパシフィックプレイスというホテルとショッピングセンターの集まったところにある。

チェックインして驚いたのが、最新鋭の設備の数々であるが、その中で一番おもしろいと思ったのが、ホテルの説明書がiPodに入っているのだ。

Thu001 ちょっと見にくいが、Usefull information, Contemplation, Room Service など、いろいろ並んでいる。

たとえば、ルームサービスもiPodから注文する。 クール!

Thu002夜遅く到着したので、夜食を注文した。そのままやってくるのかと思ったら、Enter Keyを押した直後に確認の電話がかかってきたのは、完全自動にすると何かとトラブルせいか(子供が勝手に注文してしまうor注文したつもりが通ってなかったなど?)

iPodが盗まれてしまわないのかと心配したが、そんな客は宿泊しないのであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

遅ればせながらtwitter

大分前にアカウントだけ取って、休眠していたtwitterですが、発言もしないのにどこかで探してフォローしてくれる人が増えてきたので、期待に応えて少しだけつぶやく(と言うかささやく)ことにしました。

ただやるのではおもしろくないので、ブログとリンクさせてみます。
このブログの右側、この間までなぜか季節外れのクリスマス時計のあった場所に自分のつぶやきをブログパーツとして貼り付けました。
何もしなくても、一番直近の私のつぶやきが画面に載っています。△の進むボタンをクリックすると過去のつぶやきもある程度は見られます。
もちろん、クリックすればtwitterに飛べます。まだアカウントを持っていない方は、自分のtwitterアカウントが作成できます。もちろん、私の発言をフォローする(すなわち、登録しておいて私のつぶやきを聞く)ことも可能です。

一方で、これからやろうとしていることは、私のブログが更新されると自動的にtwitterでつぶやくという方法です。タイトルとリンクだけなので、フォローしている人がうっとうしいと思うかどうかは、しばらく様子を見てみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

iPad

最近はスケジュール管理だけでなく、ブログ用の写真を撮ったり、ちょっとしたメモを書いたり、出先でG-mailを見たりとiPhoneが大活躍です。
実は携帯電話としてはほとんど使っていないのですが、PDAとしてはとても重宝しています。2年ほど前までは、ソニーが出しているCLIEというPDA(オリジナルはアメリカのPalm社のもの)を7-8年、PDAの台数にして6-7台は使っていたのですが、それをiPodに変えたのが約2年前です。
その時になぜPalmからiPod touchに変えたのかを書きたかったのですが、すっかりタイミング失してしまいました。

実はPalm、私の場合、紙の手帳に変わる唯一の手帳として、とても重宝していました。一つには自分のスケジュールを自分のPCだけでなく、秘書のPCとも連携できたことがあります。
また、過去何年分ものスケジュールを入れておけるので、久しぶりに会う人にいつ、何のようであったかが簡単に検索できたというのもあります。
それでは、そのお気に入りをなぜ止めてしまって、iPodに浮気をしたかというと、ソニーが生産を中止してしまったからです。それがなければ、まだPalmを使っていてiPodやiPhoneに乗り換え損ねていたと思います。実はいやいやiPodに変えたのです。

でもそのiPhoneが今や手放せないツールになっています。どこでどう転ぶか分からないのが人生です(大げさか)。既に、スケジュール管理用としてはiPod touch, 初代iPhone、iPhone3Gsと2年間で3台目です。

その私が次に買いたいと思って虎視眈々と狙っているのがiPadです。
既にkinndleを買った話はしましたが、今回スイスの出張に持って行って重宝しました。やはり、厚い本を持って行かなくてすむのは、荷物が軽くなって本当に楽です。
また、機内でスチュワーデスさんに話しかけてもらえるという役得(日本語の使い方が変?)もありますし・・・。

しかし、iPadもとてもよさそう。
一刻も早く試してみたい。

興味がある方は、アップルのプロモーションビデオを見てください。英語ですが、素晴らしいビデオです。(プロモーションビデオといっても、スティーブン・jジョブズのプレゼンテーションですが、彼はプレゼンがうまいな・・・)。
http://events.apple.com.edgesuite.net/1001q3f8hhr/event/index.html

ちなみにこのビデオは英語の勉強になります。アクションが入っているから理解しやすいです。いろいろな人がかわりばんこにしゃべっているのも、実際の会議などでは良くあることですから、これも勉強になります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

スイスより戻る

スイスの出張から戻ってきました。
今回はスイスのローザンヌと言うところになるIMDというビジネススクールを訪問してきました。
それにしても立派なビジネススクールでした。

Imd001 これはビジネススクールの本部前で、一緒に行った池上先生とのツーショットです。奥の建物は100年以上の歴史ある建物だそうですが、それにつながっている手前の建物は何ともモダンです。

Imd002 これは教室の一つです。立派!

Imd003 実際に行われているMBAの授業を見学してきました。
実は早稲田のビジネススクールの学生も何人か、このディスカッションに参加していました。よく見ると写っています。

Imd004 これは食堂(だったと思います)。

Imd005なんと保育所も完備!

Imd006教室の建物も数え切れないくらいありましたが、その中で一番新しいのがこれ。
とにかくすごい!

Imd007まずは入り口で、キャンパスを案内してくれた広報?の女性とパチリ

Imd009 中に入ると、なぜかこんな立派なロビーが・・・。

Imd008  これがグループディスカッション用の部屋。これ以外にも並の企業の会議室ではかなわないような設備が目白押し。
きっといいアイデアが出るだろうな(でも教室の立派さと議論の質は関係ないか・・・)。

今回、行ってみて分かったことは設備の立派さもさることながら、その根底に流れるビジネスでやっているという信念。スタッフも高級ホテルやレストランからの経験者をやってくるそうです。要するにビジネススクールはサービス業であるということを徹底しています。
特に売上の9割がエグゼクティブプログラムからあげていると自負するだけ会って、そのサービス精神は学ぶものが多かったです。(実際通常のMBAは100人弱のクラスのみのようです)。

Imd010今回ホスト役をやってくれたTurpin先生にチーズフォンデュレストランに連れて行ってもらいました。

Imd011 IMDのあるローザンヌとは、スイスでは比較的大きい街ですが、それでも日本の基準からすると田舎町です。IMD以外にIOCの本部があることでも有名ですが、当然ながら冬季オリンピック中で、そちらの施設は閑散としていました。
これは中央駅の写真です。

Imd012 IMDだけでなく、Zurich University of Applied Sciences の学長とも意見交換してきました。私の友人です。(Werner Inderbitzin)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »