« 論点思考発売 | トップページ | 好調 »

2010年1月31日 (日)

フランクフルトとウィンナー

私が車好きなのは何度か話をしたと思うが、時々車雑誌を買っている。
先日購入したル・ヴォランという雑誌の2月号に小冊子が付録でついていた。といっても、ブランドの小冊子でも何でもなく、ル・ヴォランに連載されているエッセイを何回分か集めたものである。

木村好宏さんというドイツ在住のジャーナリストの人が書いている「ジャガイモとベンツ」という何ともユニークなタイトルの連載エッセイである。その内の一つに「フランクフルトとウィンナー」というタイトルの記事には衝撃の事実が載っていた。

それは同じソーセージをフランクフルトではウィンナーと呼び、同じ物がウィーンに行くとフランクフルトと呼ばれているという話である。このフランクフルトとは日本人も大好物のあのフランクフルトソーセージのことである。

なぜか本場と思われるフランクフルトではウィンナーと呼ばれているので、オリジナルはウィーンかと思うと、ウィーンでは逆にフランクフルトと呼ばれている。日本に置き換えてみれば、同じ食べ物たとえばおいなりさんのことを東京では大阪と呼び、大阪では東京と呼んでいるようなものだ。

筆者の木村さんは当然、どうしてそうよばれるようになったかを調べてみた。するとあっけないくらいなるほどという事実が見つかった。それは、昔フランクフルト出身の肉屋がウィーンにやってきておいしいソーセージを販売したそうだ。それをウィーンの人々がフランクフルトの肉屋のソーセージというように呼んで、そのまま名前になったそうです。ここまでなら良くある話で終わっているが、その後がおもしろい。

その肉屋がその後フランクフルトに戻って、同じソーセージを「ウィーンで大評判になったソーセージ」という触れ込みで売り出したら、これもまた大当たりしてフランクフルトの人がこのソーセージのことをウィンナーと呼ぶようになったそうである。

個人的にはこうした話は、お金にはならないけれど、なんかうれしくなる、好きな話です。

さて、昨日・今日と修士論文の面接試験がありました。2年間のMBA生活の集大成ということで、ゼミ生始め2年生は緊張の面持ちで試験に臨んでいたようです。みんな無事卒業できると良いなと思っています。

|

« 論点思考発売 | トップページ | 好調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/47436019

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルトとウィンナー:

« 論点思考発売 | トップページ | 好調 »