« 名古屋にも木枯らし | トップページ | 年の初めに »

2008年12月31日 (水)

1年の終わりに

早いもので、今年も一年が終わろうとしています。
私自身は今年はやり残したことが多い一年となりました。
もちろん、初めての新書を出したり、MBAの一期生を送り出したりとそれなりにやり遂げたことがいくつもあったのですが、何かじっくり事を構えると言うよりは、スケジュールに追い立てられるように終わってしまったというのが実感です。
来年はもう少し、じっくりと仕事に取り組みたいなと思っています。

さて、今年最後の話題は今月の私の履歴書からです。経済学者の小宮隆太郎氏が12月12日付の紙面でとてもいいことを書いていました。彼がアメリカ留学で学んだことが3つあるそうです。

最初は経済学の大家レオンチェフから「理論は実際に応用しなければ意味がない」という考えです。学者がどう思うかは知らないが、私のような実務家にはそうだそうだと頷きたくなる話です。ちなみにレオンチェフというのは産業連関分析で有名な人だが、私はそれを使った経済モデルというのを大学の卒論としたので、何となくなじみ深い。ちなみに経済の論文ではなく、線形計画法という手法を応用したプログラミングの論文です。

2番目は、身近な経済問題を経済学の理論に基づいて考えることの大切さです。これは経営学でも全く同じで、日頃起きているビジネスや競争の事例を理論を当てはめながら議論することはとても大事です。

3番目は論文の書き方で、日本でよく見られる外国人の書いたものを適当にまとめたものは、学術論文とは言えない。どこまでが賛成でどこからが反対なのか、あるいは自分の独創性はどこにあるのかをはっきり主張せよと言っている。私のように、他人の話をきちんとレビューせずに自分の独創性ばかり追求しているのも、論文としてはダメなんだろうなと感じました。

ということで、今年一年のご愛顧、ありがとうございました。
みなさん来年もよろしく。

|

« 名古屋にも木枯らし | トップページ | 年の初めに »

コメント

keyさんへ

昨年はたびたびコメントもらってありがたかったです。
ビジネスマンにとって現場力はとても大切な力だと思いますので、今後とも現場目線での発言を続けていきます。

今年もよろしくお願いします。

投稿: 内田和成 | 2009年1月 4日 (日) 23時57分

◇◇◇◇◇◇明けまして おめでとうございます◇◇◇◇◇◇

昨年は、色々と(web上で)勉強させていただきありがとうございました。

地方にいる私にとってこのサイトは、都市圏のことや海外の「生の情報」が得られる(さらに先生のコメント付き)とても貴重な勉強の場です。

本年も引き続き勉強させていただきたいと思っております。

私の本年の目標は、基本的なことなのですが、目標に対し具体的な数値を明確化し、きちんと目標達成度を月、週、日と管理して達成精度を高めたいと決意しております。三日坊主にならぬよう頑張ります!

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

*遅ればせながら、「品質力」の磨き方をいま読んでいます。


投稿: key | 2009年1月 1日 (木) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/43592154

この記事へのトラックバック一覧です: 1年の終わりに:

« 名古屋にも木枯らし | トップページ | 年の初めに »