« MBA入試説明会 | トップページ | 家に呼ばないのは心が狭いから »

2008年9月16日 (火)

ゼミ研修旅行@上海

初日は上海の新しい森ビル見学を実施。森ビルさんのご厚意でオープンしたばかりの上海環球金融中心」(SWFC、上海ワールドフィナンシャルセンター)を訪問し、森ビルのみならず上海の不動産事情についても講義していただいた。大変勉強になった。
賴成(らいじょう)さん、ありがとうございました。

Shaghai001_2
森ビルの得意な、
忠実な模型で再現した上海の街並み
Shaghai002
模型を前に
賴成さんと記念撮影

着いた日の夜はおきまりの上海雑伎団見学。その前の腹ごしらえをした中華料理店で、黙って出てきたビールはこれもおきまりのサントリービール。サントリーは、上海地区では、すべてのジャンルのビール合計でマーケットシェアが50%を超えるNO.1ビールメーカーです。

Shanghai0003

二日目の昨日は、朝一番で初日に上り損ねた上海森ビル(上海ヒルズ)の100階にある展望台に登った。あいにく曇りで、市内の展望は望めなかったが、90階くらいから上がすっぽり雲に覆われていたために、展望台は雲の中という状況だった。床下が透明なガラスになっているので、雲を下に眺めるという景色を味わうこと
が出来た。その後、次の訪問先までの空き時間を利用して、まだオープン前のパークハイアットホテルに無理矢理入れてもらい、コーヒーショップを利用させてもらった。ただし、これは賴成さんとは関係なく、我々が勝手に押し入ったものです。

10月1日のオープン前だと言うことだが、ロビー階だけは利用できるということで、80階という高層からの眺めの中でコーヒーを飲むことが出来た。この頃には窓の外も少し見えるようになり、向かいのグランドハイアットホテルのビルを眺めながらくつろぐゼミ生たち。

Shanghai004
上の方が雲の中に入ってしまって、ビルの頂上が見えない
ビルの壁に向かいのビルが映っている。

Shanghai005
まだオープン前のパークハイアットホテルに入れてもらって、ご満悦のゼミ生たち

その後、上海進出の日本企業のコンサルティングを手がける上海華鐘コンサルタントサービスさんやシステム開発の会社を尋ねた後、上海でも名門校として知られる華東師範大学を訪ねてコンピュータセンターの教授に話を聞いた。

夜は私の仮説思考を訳してくれた崔永成さんと彼の友人5名と一緒に会食を持った。崔さんとは初対面だったが、私の本を訳すに当たって、何度もやりとりしたこともありすぐにうち解けて、楽しい会話が出来た。彼の友人というのも、この10月から上海の長江ビジネススクールへの入学が決まっている人間ばかりということもあり、私のゼミ生たちともあっという間にうち解けて、話が弾んでいた。

Shanghai008
私の右に写っているのが崔さん。

Shanghai006Shanghai007
中国のMBA生と懇談する内田ゼミ生

私自身は何度も上海に来ているのであるが、初めて中国や上海に来たというゼミ生も多く、良い勉強になったのではないかと感じている。

そういえば、学部生も某社のプロジェクトがらみで多数の人間が中国訪問をしているはずなので、どんな成果が上がったか聞いてみよう。

|

« MBA入試説明会 | トップページ | 家に呼ばないのは心が狭いから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/42497458

この記事へのトラックバック一覧です: ゼミ研修旅行@上海:

« MBA入試説明会 | トップページ | 家に呼ばないのは心が狭いから »