« マインドマップ | トップページ | PCで使えるマインドマップ »

2008年4月30日 (水)

エディタの利点

皆さんはパソコンで文章を書くときにワープロ(もっと具体的に言えばマイクロソフトワード)を使っていると思います。私は使いません。

先日紹介した、エディタというソフトを使っています。エディタというのは元々コンピュータのプログラムを書くために開発されたソフトウエアなのですが、とにかく軽快で、文章がどんどん書けるのです。
実はエディタにもいろいろあるのですが、現在は「秀丸」(ひでまると読みます)というソフトを使っています。以前はVZ-EDITOR(WZ-EDITOR)を使っていたのですが、バージョンアップの度にお金が必要になるのと、簡易印刷時の文字の大きさなどの自由度が少ないために現在は秀丸を使っています。
ちなみにこの秀丸は斉藤さんという人が個人で開発したソフトです。個人でマイクロソフトワードに対抗してしまうのだから、すごい人です。

なぜエディだを使うかと言えば、昔からの癖というか習慣です。
というのも、昔はPCの性能が十分でなく、ワープロソフトを使うと長文を書く上でいろいろ不便が多かったのです。例えば、長文のスクールのがとても遅いとか、1ページ以上のカット&ペーストをやろうとすると遅すぎて使い物にならないとか、段落単位で文章を移動させるのが不得手とか、検索や置き換えが遅すぎてイライラするとか、実に使いにくかったのです。
一方で、エディタを使えば上記の欠点が解消すると同時に、章立てを作って、章や節の単位で見やすくするなどもエディタは得意としていました。いわゆるアウトラインプロセッサとしての機能が優れていたのです。

ところが、今やPCの性能(CPU、メモリーなど)が上がって、ワープロソフトを使っても上に上げたようなことでイライラすることがなくなりました。
しかし、私の場合は未だにエディタを使って、とにかくどんどん入力します。そして、後から字句を修正したり、文章・段落を入れ替えたり、ある言葉を違う言葉にまとめて置き換えたりと、文章の完成までほぼこれ一本ですませます。そして、最後の段階で、必要ならワープロに移して行数の調整やフォントの大きさを修正して、相手に渡します。(少し難しく言うと、テキストファイル(.txt)からワードファイル(.doc)への変更です。)
ブログの場合は、この最後の作業が不要なので、原稿は最後までエディタのみで作成です(ワードファイルは受け付けない)。
慣れてしまうと、フォントの設定や書式の設定などの面倒な作業が不要なので、とにかく早く文章が書けます。

皆さんは文章書くとき、どうしているのでしょう。たぶんワードですよね。

|

« マインドマップ | トップページ | PCで使えるマインドマップ »

コメント

LMNさんへ

ActaとInspiration、なつかしいですね。
LMNさんは、もしかしたら結構年配ですか?と言っても、もちろん私よりは若いでしょうが・・・。

このブログでも、アウトラインプロセッサーやワードを使った、パワーポイントの作成方法をシェアしたら、おもしろいかも知れません。
LMNさんのブログでそうしたことを紹介しているようであれば、リンクさせてください。みんな喜ぶと思います。

投稿: 内田和成 | 2008年5月12日 (月) 00時52分

溝本さん、zuKaoさんへ

結構、エディタ派が多いので、びっくりしました。
私の場合は、原稿を書くときも長文のメールを書くときも、ブログの原稿もすべてエディタです。

ワードも機能が多すぎるような気がしますが、逆にワードだとこういうことができるので便利だよと言うのがあれば、皆さん教えてください。

投稿: 内田和成 | 2008年5月12日 (月) 00時27分

小生も往年のMacのActa7とInspirationの大ファンでしたが、あれと同じものがなぜWindowsで提供されないのか不思議でなりません。

ひとまずは、MS-Wordのアウトラインモードで何とかなってはいます。(アウトラインモードがあることを知らない人が多いんですよね。)

MS-Wordのアウトラインモードからはそのままパワーポイントスライドのアウトラインに送信できるのがメリットです。(これを知らない人も多い。)

投稿: LMN | 2008年5月 1日 (木) 10時37分

私もブログ記事をPCから入力する時はtxt形式です。特に読んだ本の備忘録を入力する際はサクサク入力作業ができるので欠かせません。会社で日々の業務メモを入力する際も、かなりの頻度でtxt入力をしています。あまり意識した事はなかったですが、私もMS-DOSの名残なのかもしれません。

投稿: zuKao | 2008年4月30日 (水) 23時35分

私もスピード重視で秀丸/テキスト派です。
最後は場合に応じて、切り貼りして色々な形式に対応します。

所で、昨日のマインドマップの件、日頃からイメージを上手く表現できないかと考えていたため、早速トニー・ブザンを流し読みし、FreeMindを使ってみました。

感想は「何だかとても快適、しばらく使ってみよう」でした。

取り合えず、無料に惹かれてFreeMindを使い始めましたが、どのツールが使いやすいのでしょうか?

投稿: 溝本義史 | 2008年4月30日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/41045087

この記事へのトラックバック一覧です: エディタの利点:

« マインドマップ | トップページ | PCで使えるマインドマップ »