« ポケットのノート | トップページ | 踊るロボットと働くロボット »

2008年3月 4日 (火)

船出

再来週の日曜日(3/16)に日経新聞から新しい新聞が創刊される。日経ヴェリタスである。
形の上では、休刊になった日経金融新聞に変わる媒体と取られているが、実際は全く違う。いろいろな意味でこれまでにない新しいタイプの新聞である。

  • 一つ、金融に特化(この部分は日経金融新聞と一緒)して、投資情報を提供
  • 一つ、週刊
  • 一つ、いわゆるクォリティーペーパー(部数の多い全国紙や大衆紙ではないという意味)
  • 一つ、高価格(一部500円)

皆さんもご承知のように、日本では投資のアドバイスは証券会社からもらうというのがこれまでのパターンであるのに対して、アメリカでは投資あるいは個人の資産運用は個人の自己責任(own risk)という考え方が発達しており、そうした個人投資家のための情報誌がいろいろある。その中の一つにバロン(Barron's)という週刊新聞紙があり、投資家の間で高い評価を得ている。週末にはコーヒーを飲みながらバロン片手に投資のプランに思いを馳せるというのがニューヨーカーの投資スタイルらしい。
日本でこうした良質の金融情報を手に入れたいと思っている個人投資家がどれくらいいて、そのうちどれくらいの人がこうした情報誌に金を払うのかはよく分からないが、是非成功して欲しいと思っている。

なぜそんなことを言うのかといえば、何を隠そうこの日経ヴェリタスの編集長を引き受けているのが古くからの友人の野村裕知氏であるためだ。
彼はこれまで、日経新聞のニューヨーク特派員、関連会社の日経BPでは日経ビジネスの編集長、日経新聞に戻ってからは証券部長などを歴任している。

もちろん、私は定期購読を申し込んでいる。
皆さんも是非、買ってみてください。読んだら、感想を聞かせてください。
その結果は編集長にフィードバックします。

下の写真は地下鉄の駅の広告である。これ以外にも、チラシやネットで広告を見た方がいるのではないかと思う。

20080304

ちなみに野村さんには、早稲田のビジネススクールに来てもらって、ゼミで講義をお願いしたこともある。その時の内容については、2007年7月15日ブログ「現代の経営者に求められるもの」を参照ください。

|

« ポケットのノート | トップページ | 踊るロボットと働くロボット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/40371251

この記事へのトラックバック一覧です: 船出:

« ポケットのノート | トップページ | 踊るロボットと働くロボット »