« 仮説思考韓国語版 | トップページ | ぶれない経営 »

2008年1月19日 (土)

渋谷駅とエルゴノミックス

大学の行き帰りに渋谷駅を利用することがあるが、渋谷駅の山手線内回りホームからハチ公口に降りるところがいつも大混雑している。もちろん、乗降客が多いというのがあるが、階段の乗降を指示する標識が大きな原因だ。

Shibuyaeki001

写真にあるような緑で上向きの矢印が左側に、赤の下向きの矢印が右に出ている。これを見て多くの人が左側通行だと勘違いして、階段の左側に殺到する。私もそう思った。写真に写っている人々も左側通行をしている。
ところが実際の方向(駅の意図)は、左の上向き矢印は上りを意味し、右の下向き矢印が下りを意味する。したがって右側通行せよというメッセージなのである。

全員が勘違いすればまだ良いのだが、駅の意向通りに右側を目指す人も少数であるが存在する。一方で下から上ってくる人は指示通りに左側(下から見ると右側)から上ろうとするが、ホームから降りてくる大量の下り客に阻まれて、結局真ん中から上がってくる。結果として大変な大渋滞になっている。

Shibuyaeki002

特に休日は渋谷駅に初めて、あるいは久しぶりに来る人も多いので混雑に輪をかけているのだろう。
これが出来てからいっこうに直す気配がないが、間違う乗降客が悪いと思っているのだろうか?明らかに無駄な行動を誘導しているように見えるので、エルゴノミックスから見てもおかしなことになっている。

解決策としては、上りの方の矢印を車の進入禁止のようなマークにするとか、せめて赤信号と同じ色にするとか、いくらでも考えられるような気がする。

|

« 仮説思考韓国語版 | トップページ | ぶれない経営 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/17753612

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷駅とエルゴノミックス:

« 仮説思考韓国語版 | トップページ | ぶれない経営 »