« 成田空港のスキー客 | トップページ | 自分との闘いの向こうにあるもの »

2008年1月28日 (月)

小田急ロマンスカー見参

今日地下鉄の駅のポスターを見ていたら、えっと言うようなポスターがあった。

Photo

なぜ驚いたかと言えば、小田急のロマンスカーが地下鉄千代田線へ入ってくると言うではないか。

子供の頃、ロマンスカート言えば家族か学校で江ノ島か箱根に行く時に乗る特別の列車であこがれの的だった。特にあの先頭車両に乗れたらどんなに眺めが良いことだろうといつも思っていた。
そのロマンスカーが朝の通勤時間や夕方の通勤時間に太田町や霞ヶ関までやって来る、あるいはそこから乗って帰れる。なんて贅沢なことだろう。小田急(&地下鉄)も粋なことやるなと言うのが第一印象だった。

次に思ったことは、ちょっと待てよ。朝の小田急というのは大変な混雑で、しかも本数が多いためにダイヤ通りに走れることはまれで、世田谷の千歳船橋から新宿まで昼間なら10分強で行くところが、朝は30-40分は優にかかってしまうぐらい混む。あの異常なのろさは複々線かで解消されたのかな?
そうでなければ、ロマンスカーに乗る人は良いが他の人のイライラが増長されてしまうのではないかと余計な心配をしてしまった。

実際の時刻表を見てみると、ロマンスカーが都心まで乗り入れる時間は本厚木を朝の6時台に出て都心には8時前に着いてしまう列車1本だけだったので、それなら大丈夫かな。
ちなみに、小田急は地下鉄有楽町線経由で新木場まで行く列車も走らせるそうで、これにはさらにびっくりした。というのは、この線には普通の小田急電車も乗り入れていないからだ。
どんなマジックでこれが可能になるのかはよく分からないが、千代田線とは霞ヶ関当たりでおさらばして桜田門当たりで有楽町線に乗り入れるようだ。
こちらは土日のみと言うことで、どうも小田急線沿線からディズニーランドに新木場乗り換え一回で行けますというのが売りになるようだ。

いずれにしてもJRの駅ナカと言い、今回のロマンスカーの地下鉄乗り入れと言い、これまで保守的で新しいことはなかなか取り入れてくれなかったJRや私鉄や地下鉄が消費者を驚かせるあるいは感動させるようなビジネスを始めたことは本当に良いことだと思う。

今後もこうした保守的と思っていた企業から、びっくりするようなアイデア・サービスが出てくると良いな。

|

« 成田空港のスキー客 | トップページ | 自分との闘いの向こうにあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/17874943

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急ロマンスカー見参:

« 成田空港のスキー客 | トップページ | 自分との闘いの向こうにあるもの »