« 人間における勝負の研究 | トップページ | ぼったくり料金 »

2007年7月25日 (水)

RHODIAその後

以前、このブログでメモ帳のRHODIAを紹介したが、その後も快適に使用を続けている。
相変わらず、古いメモ帳の分をどこまで保存すべきか悩んでいるが、そうかといってMJGBさんに教えてもらったように過去のメモをすべてスキャンして取っておくような面倒なことはしたくない。もちろん、メモを書いたらすぐスキャンする癖をつければいいのだろうが、仕事場が何カ所かに分かれているので、そうもいかない。
やはり、使い終わったら片っ端から捨てていくのが常道かなと思いつつ、決心がつきかねている。

さて、今日は世の中にはたくさんのRhodier(RHODIAの愛好者という意味)がいるなと思ったので紹介しておく。下記のようなブログを発見したためである。
http://3points.blog10.fc2.com/blog-entry-17.html#more

ブログの本文もさることながら、それに対するコメントの多さと多様さに驚いた。
私は文房具大好き人間であるが、私以上に文房具大好き人間が世の中にはたくさんいるらしい。ということは、ステーショナリー評論家で食っていくのは難しそうだな。しばらくは現職で食べていくことにしよう。
皆さんはスタパ斎藤氏を知っているだろうか。いろいろなガジェットを紹介することでたぶん生計を立てていると思われる不思議な人物だ。私は人のことはあまりうらやましがらないのであるが、スタパ斎藤氏はうらやましい生き方をしている。

|

« 人間における勝負の研究 | トップページ | ぼったくり料金 »

コメント

やまかつさんへ

ようやく日本に戻ってきて、コメントができるようになりました。

コメントありがとうございます。
リングノートに張るという発想は持ってませんでした。大変参考になります。
一度やってみたいと思います。
ところで、リングノートでは何かおすすめのものはありますか?なければ結構ですが、あれば是非教えてください。

投稿: 内田和成 | 2007年8月 7日 (火) 22時28分

 こんばんは。
 LinkとTrackBackありがとうございます。(^-^)

 書いたメモの整理でお悩みとお見受けしましたが、一番簡単な整理方法は、必要なもの(部分)をリングノートに貼ることだと思います。

 「貼る」というのは、タイル状に綺麗に貼るという、「書いたメモをその形で保存する」ための行為ではなくて、例えばノートの真ん中に貼りつけ、メモ周辺の余白部分に、そのメモの内容から広がる発想や、関連する事項などを書き加えてゆくための、「転記の代わり」…をイメージしてみてくださいね。(^-^)
 

投稿: やまかつ | 2007年7月27日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/15895620

この記事へのトラックバック一覧です: RHODIAその後:

« 人間における勝負の研究 | トップページ | ぼったくり料金 »