« 東欧の風に当たって | トップページ | 経営者を作る »

2007年5月13日 (日)

機内で英語耳を作る

海外に行くときに航空機内で重宝しているのが、スピーカーや音響製品で有名なBOSE社製のヘッドフォーン、クワイアットコンフォート3である。

というのも私は英語がそれほど得意でないのだが、仕事で海外に行く機会が多く、嫌でも英語それもビジネス英語を使わなくてはならない。日常会話であれば、だいたい問題なく会話できるのであるが、ビジネスとなるとそうもいかない。特に聞き取りが大変である。
そこで行きの飛行機の中で映画を英語で見て、あらかじめ耳を英語に慣らしておく努力をしている。ようするに日本語耳を、機内で「英語耳」に切り替えるための作業(セレモニー)である。アメリカ行きやヨーロッパ行きであれが、飛行時間が10時間を超えるのでだいたい映画を2本見る。

Quietcomfort3

機内でどうやって使うかと言えば、このクワイアットコンフォート3を使って映画を字幕なしの英語で見るのである。字幕があるとどうしてもそちらに目が行ってしまうので、字幕なしにすることが肝心である。極端に言えば、筋が全く分からなくなっても、英語が聞き取れる訓練になればそれでよいと割り切っている。ということで見るのは洋画に限られ、日本映画は英語の勉強にならないので、残念ながら見ない。

これを使うまでは、航空機内に備え付けのヘッドフォーン、イヤホーンを使っていたが、航空機独特の騒音がうるさく英語を聞き取ろうとすれば、ボリュームを大きくするしかなかった。結果として音楽や他の効果音まで大きくなってしまい、外の騒音と相まって耳への負担が大きかった。一部の路線ではビジネスクラス・ファーストクラスなどにノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォーンを装備してあるが、それでも結構騒音はする。
このヘッドフォーンの優れている点は、密閉性が優れていることとノイズキャンセリング機能がしっかりしていることである。ノイズキャンセリング機能は驚くほど高く、何もつながない状態でスイッチを入れたときの静音性には誰もが驚くに違いない。また密閉性が優れていると,いくら大きな音で聞いても隣の人に迷惑をかけることがないという利点もある。

この製品とは別にQuietComfort2という製品が以前からあり、早稲田大学の山田英夫先生も使っているのを知っていたのであるが、あまりに大きくて機内持ち込みにする気がしないため、購入しないでいた。ところが昨年、これをとても小さくしたタイプのQuietComfort3が登場したので迷わず購入した。といってもたかがヘッドフォーンで45,000円もするので、少しは躊躇したが買って大正解だった。とにかく、飛行機特有の騒音がほとんど消える。英語が得意でないわけであるから、騒音がある中で英語を聞こうとするとボリュームを上げざるを得なかったのが、それをしないで映画の音だけが聞こえてくる優れものである。
多少の圧迫感があるのと、首が疲れるので飛行機に乗っている間使い続けるのは少し疲れるが、それでもあの航空機独特の騒音がほとんど消えるのは驚きであり、搭乗中ずっと使い続ける人も多いだろう。

ちょっとだけ不便があるとすれば、いつも乗っている日本航空ではイヤホーンジャックにアダプターの一部がぶつかってしまいうまく差し込めない点であろうか。ANAであれば、問題ない。さらに充電式電池がなくなるとノイズキャンセリング機能だけでなく通常のヘッドフォーンとしても使用できなくなるので要注意。ただし、すごく小さな充電器が付属しているので、0.5m位の延長コードを持って行けば座席の100Vコンセントから充電は可能(最近の飛行機のビジネスクラスにはPC用に100Vコンセントがついていることが多い)。

|

« 東欧の風に当たって | トップページ | 経営者を作る »

コメント

藤田さんへ

コメントありがとうございます。
QuietComfort3は少し(大ぶ)高いですが、大変優れた商品だと思います。使い勝手がとてもよいので、買った後の満足度も高いですよね。騒音・雑音をカットできるので、考え事をする時にスイッチを入れるだけで何の音も流さないという使い方をする人も多いようです。

でもBOSEはマーケティングがうまいので、実際は半額以下で同機能の商品もあるのかなと、ときどき思います。

最近プロの小道具について書いていないので、もっと書かなくてはいけないという自分自身に対する励みなりました。

また、よろしく。

投稿: 内田和成 | 2009年8月14日 (金) 22時17分

LAに一緒に出張に行く同僚と成田で内田先生の英語耳の話しをしていた。彼が音響工学の出身ということもあって、字幕なし映画やANCの話題で盛り上がっていた。
成田の店にもComfort2、Comfort3が置いてあり、出張の時間待ちではいつもデモを聴いて、「買いたいとなぁ」思っていた。でも高価で決心がつかずにいた。

LAの東200キロくらいのところにDessert Hillという大型アウトレットがあって、その中に、BOSEが出店していた。勿論、Comfort2、Comfort3もあった。
異国で遭った元カノのような気持ち。
いてもたってもいられず、Comfort3買ってしまった。300ドルくらい。

早速、アメリカ移動中や日本への帰便、歌や映画に大活躍だ。内田先生の英語耳効能は定かでないが、心地よい機中を過ごすことができた。ケース丸ごとコンパクトなのも嬉しい。

さて、次回の出張こそ往便から使って英語耳になりたいと思っている。

投稿: 藤田純司 | 2009年8月 3日 (月) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/15060209

この記事へのトラックバック一覧です: 機内で英語耳を作る:

« 東欧の風に当たって | トップページ | 経営者を作る »