« セブン銀行は銀行か? | トップページ | 異業種格闘技の定義 »

2007年1月 5日 (金)

単行本「仮説思考」その後

今日、ちょっといい話がありました。昨年3月末に発売した拙著「仮説思考」が今日発売の日経ビジネスの2006年度ベストセラー40位にランクインしていたのです。渋谷のブックファーストでも、年末に発表になった2006年度ビジネス書ベストテンでも6位に入っていました。
もちろん、この本を購入していただいた読者の皆様お陰ですが、個人的にもうれしい出来事でした。
引き続きよく売れているようで、出版社からも7刷りが決定したといううれしい知らせが新年早々ありました。
内容については、機会がありましたら、皆様にも紹介したいと思っていますが、とりあえずご報告まで。

Photo

|

« セブン銀行は銀行か? | トップページ | 異業種格闘技の定義 »

コメント

zuKaoさんへ

hypothesisは欧米ではそのまま使えると思いますよ。というのも、コンサルタントの世界では普通に使っていますし、顧客向けのプレゼンテーション資料でよく見ますから。
但し、ビジネスの世界とアカデミズムの世界では少し意味が違うかも知れません。アカデミズムの世界では、検証すべき仮説と言うことで、もっときちんとした意味で使っていると思います。
ビジネスの世界では、hypothesisは良くlogicとセットで使われます。この場合のlogicとは、そのように考える根拠は何かという意味です。

投稿: 内田和成 | 2008年4月28日 (月) 23時46分

内田先生、素朴かつ常識かもしれないのですが、一つ質問させていただきたく思います。

この「仮説(Hypothesis)」という言葉、欧米のBusiness Personの間では一般的に用いられている言葉なのでしょうか?

もちろん、内田先生の御経験上の回答で構いません。最近は日本では仮説思考が浸透しているのですが、国際会議などで"Hypothesis"という意味が「同じ意味」で通じているのか、少々不安になっているのです。(自分で確認すれば良いのですが、一般論を知りたかったのです。)

投稿: zuKao | 2008年4月23日 (水) 11時11分

ichiさんへ

コメントありがとう。
今から仮説思考を実践すれば、社会人になったときに、人より早く、仕事が出来る人間になれると思います。頑張ってください。

投稿: 内田和成 | 2007年10月30日 (火) 00時19分

はじめまして。早稲田大学商学部二年のichiです。「仮説思考」読ませて頂きました。まだ実務経験のない自分にもすごく分かりやすくて、為になりました。早速、アルバイト先の課題にも仮説思考で取り組んでみて、まだ慣れないながらも以前より思考方法が変化してきていることを実感しています。将来、コンサルタントを目指しているので内田先生のブログをいつも楽しみに拝見させて頂いています。
今後も、期待しております。

投稿: ichi | 2007年10月25日 (木) 23時36分

cozyさんへ

仮説思考、気に入ってもらって良かったです。
予想以上に経営者クラスの方から賛同いただきました。
自分が知らず知らずにやってきた成功パターンをうまく整理してもらったという声が大半です。
是非実践に生かして、出来るビジネスパーソンになってください。

投稿: 内田和成 | 2007年1月24日 (水) 19時41分

はじめまして。
「仮説思考」拝読しました。
とても分かりやすく共感いたしました。
あらためて、すべては「経験」なのだと感じた次第です。仮説思考力を高めるためには実行力、行動力が大切であるというメッセージもひしひしと伝わってきました。
今後も良書に期待しております!
ありがとうございました。

投稿: cozy | 2007年1月24日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199490/13348327

この記事へのトラックバック一覧です: 単行本「仮説思考」その後:

« セブン銀行は銀行か? | トップページ | 異業種格闘技の定義 »